日本の凧の会は凧が好きな人たちが親睦をはかることを目的に1966年に発足しました。

失われつつあった和凧と、凧揚げ遊びの継承を願ってのことです。現在では「凧文化」を広く民俗学・芸術・科学・遊びの側面からとらえ、幅広い活動を行なっています。

 

凧という趣味は、手作りの工作としても、民芸品のコレクションとしても、純粋なレクリエーションスポーツとしても楽しめます。

最近は凧揚げをする場所も少なくなり凧揚げをしたことのない子供が増えています。年長の方でも凧が風をはらみ糸をぐいぐい引く感触を知らない方が多いようです。

 

たまには空を見上げて凧を揚げて見ませんか?

 


2019秋季大会

2019年10月26日、27日に行われる日本の凧の会秋季大会のご案内です。

鳥凧大集合の褒めシートもこちらにあります。

入会案内

日本の凧の会の会則や入会資格, インターネットから入会申込みができます。